いけす居食家・大徳利 四季折々の旬な料理を楽しめる平戸のいけす居食家・大徳利 お問い合わせ・ご予約は 0950-22-3180
いけす居食家・大徳利 昼膳 お品書き 今月のおすすめ 店内の案内 アクセス&平戸観光MAP
アクセス&平戸観光MAP
いけす居食家・大徳利 いけす居食家・大徳利

日本最初の海外貿易港・平戸。大航海時代の城下町が誇る、歴史と文化。情緒あふれる街並みは、今なお多くの人々を魅了しています。
ここでは、愛する平戸の「大徳利チョイス!おすすめの観光スポット」をご紹介いたします。





平戸市の概要

平戸は、昔より中国大陸や朝鮮との交流の要地で、神功皇后の三韓の役から、遣隋使や、遣唐使もここから出発しました。
平安時代の末期には、水軍で名高い松浦党(まつらとう)が誕生。室町時代に、中国の海賊・五峰王直 (ごほうおうちょく)が平戸へ来日。当時の領主・松浦隆信はこれを歓迎し、屋敷を与えるなどして王直を保護しました。これを機に、平戸と中国との貿易が盛んに行われるようになりました。
また、天文19年(1550)には、ポルトガルとの貿易が開始し、さらに、鹿児島から平戸へやって来たフランシスコ・ザビエルが、キリスト教を布教。このように、外国との貿易または貿易港として栄えた平戸は、のちに「西の京」と呼ばれるようになりました。
平戸には、日本初の南蛮貿易の舞台となった当時の面影を残す遺跡が、今でも市内に数多く残っています。

そして、平戸を拠点とし、日本で広がった食べ物が「さつまいも」です。記録上では、1615年にイギリス人のウィリアム・アダムス(日本名:三浦按針)が、来日の際に平戸へ持ち込んだものです。のちに、薩摩方面での栽培が中心となり、「薩摩で作られたいも」ということに由来して「さつまいも」と呼ばれるようになりました。


【観光情報について詳しくお知りになりたい方はこちらからリンク!】
平戸観光再発見 達人Navi平戸 社団法人平戸観光協会
平戸市観光商工課 | 平戸まるごと観光ガイド
平戸通信 平戸市の文化・観光情報
崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット


いけす居食屋 大徳利 概要

平戸の新鮮な魚を使った、いけす活魚料理店で、充実した食事メニューが自慢のお店です。お昼の御前から和食のコース料理・天ぷら・あわびのステーキ・串物・丼物・茶漬けなど、旬の平戸の味が楽しめるスポットです。
店内も、個室感覚でゆっくりできる掘りごたつ式テーブル席と、奥に広がるカウンター席があり、貸し切りなら80名の収容が可能です。結婚式の二次会や法事、各種宴会にも最適です。ぜひご利用ください。


長崎県平戸市木引田町429

TEL・FAX:0950-22-3180

営業時間:11:00〜14:00/17:00〜22:00(オーダーストップ21:30)

駐車場:あり。木引田中央駐車場の無料券(1時間分)もあります。


Copyright OODOKKUI All Right Reserved.
観光案内付きマップはこちらから